STS法とTP法|尿漏れの悩みを解消してくれるクリニック|みんなの泌尿器科

尿漏れの悩みを解消してくれるクリニック|みんなの泌尿器科

女医

STS法とTP法

手

梅毒の検査方法は、STS法とTP法の2種類があります。STS法は、日本語で梅毒脂質抗体検出法と言い、脂質抗原に対する抗体を検出する検査です。STS法のメリットは、早期診断ができることです。梅毒に感染すると、リン脂質抗体は2週間~4週間ほどで現れるので、早めに検査をしても陽性反応が出るのです。ただ、リン脂質抗体は、梅毒と直接関係があるわけではないので、梅毒にかかっていない場合でも陽性反応が出てしまうケースもあります。TP法は、日本語でトレポネーマパリダム抗体検出法と言い、梅毒に感染した際に作られるTP抗体を検出する検査です。TP法のメリットは、梅毒の病原菌の抗体を検出するので、確実に調べられることです。ただ、TP抗体ができるまでには、約4週間~6週間ほどかかるので早期診断ができないのです。

病院で性病の検査をすることに抵抗がある場合は、検査キットを使って調べると良いでしょう。検査キットを使えば、自宅で血液を採取して郵送するだけで良いので、誰にも見られることなく梅毒かどうか調べることができます。注意すべき点は、梅毒感染したかもしれないという日から1ヶ月以上経過した後に検査を受けることです。1ヶ月以内は、TP抗体が作られていない可能性があるので、正しい検査ができなくなります。また、1度TP抗原が体内で生成されると、消えることはありません。そのため過去に梅毒に感染していると、TP法では必ず陽性になってしまうので注意しましょう。